News

けんちく部log。

Blog

「日記・コラム」のカテゴリーを絞り込みました。

アレ(A. R. E.)

「2023ユーキャン新語・流行語大賞」が発表され、今年の年間大賞には阪神タイガース・ 岡田監督の「アレ(A。R。E。)」が選ばれました。 受賞者は、38年ぶり2度目の日本一に導いた阪神タイガース監督・岡田彰布さん 2023年、プロ野球の阪神タイガースが日本シリーズを制し、1985年以来38年ぶり 2度目の日本一となった。 秘訣は「アレ」だ。 今年のタイガースはチームスローガンを「A。R。E。(えーあーるいー)」とし、「アレ=優勝」 への強い決意を表明した。そして、日本シリーズでの優勝インタビュー、岡田彰布監督は 「何とか達成できたので。アレのアレを」と話し、敵地京セラドームも沸きに沸きました。 1985年に何があった? ラグビー新日鉄釜石が7連覇、つくば科学万博、青函トンネル本坑が貫通、NTTが誕生、 豊田商事事件、PL学園のKKコンビ最後の甲子園で優勝、日航ジャンボ機墜落事故、 ロス疑惑の三浦和義容疑者逮捕、プラザ合意、夏目雅子が急逝、阪神タイガース優勝で大フィーバー 1985年の日本新語・流行語大賞?! 今でもよく耳にするのは「パフォーマンス」「NTT」「キャバクラ」でしょうか。 「イッキ!イッキ!」は今ではこんな直接的ではないですが、違う言い回しでお酒を飲ませるコール がまだ使われてますね。 「私はコレで会社をやめました。」 タバコ型をした禁煙グッズ「禁煙パイポ」のテレビCMで話題になった台詞。 CMはまず1人目の中年サラリーマン風の方が禁煙パイポを縦にもって「私はこの禁煙パイポで タバコをやめました」と言い、続いて2人目も「私もこのパイポでタバコをやめました」そして 3人目ではパイポではなく小指を立てて「私はこれ(小指)で会社を辞めました」とオチを付け、 最後に3人で「ぷはー」と言いCMが終了します。 小指は女性を意味していて、会社で女性問題があり会社を辞めるはめになった事を示唆しています。 これがサラリーマンに大いに受け流行することに。 いかがだったでしょうか。 北風が強く、空気が乾燥しています。火災の起こりやすい時期です。火の元、火の取り扱いは、 十分注意してください。家庭や職場・地域における防火意識の高揚を図りましょう。 「火を消して 不安を消して つなぐ未来」 by・・・霜出 「    

2023.12.4

TAGファミリー会inグリーンファーム

11/23(木)喜入にあるグリーンファームにて   2017年ぶりの開催となりますTAG ファミリー会を   行いました~~!   当日はスタッフ含め50人の皆様にご参加いただき   ワイワイ楽しくピザ作り体験しました!!       ここ数年はコロナ禍で開催できていなかったため   TAG Designで住宅を建てていただいた施主様たちと   スタッフが一緒になってピザをつくっている光景や   また自分たちが担当したお施主様たちと   久々に顔を合わせることができて、本当に嬉しかったです!     次回もみなさまに楽しんでいただける   イベントを計画したいと思いますので   今後ともよろしくお願いいたします~!!     ながの。            

2023.11.24

ちらん灯彩路。

南九州市知覧町、秋恒例の"ちらん灯彩路"。 武家屋敷や麓川周辺に、地元の小学生たちの作品を中心にたくさんの灯籠が飾られます。 昨年は雨が降ってしまいましたが、今年は好天です! 武家屋敷通りには小学生たちが作った灯籠が並べられています。七庭園もライトアップされています。 ハートの形に並べられた竹灯籠に笛や太鼓の演奏は相性MAX。 麓川周辺の灯籠。年々カメラマンが増えています…。 こんなところにお茶むらい発見! 最高の雰囲気を準備してくださった方々に感謝しながら、武家屋敷の夜を堪能しました! Sakou

2023.11.23

ブラックフライデー 最近よく見るこの広告 実は 発端はアメリカ合衆国の国民の祭日(大感謝祭)11月第四木曜日の翌日の金曜日との事みたいです。 大感謝祭の翌日に売れ残りの割引セールに客の多さが上空から見たら人が多く黒く見える 事が始まりの様です。日本では最近 大セールの代名詞になりつつあります。                            内田

2023.11.22

ヨコハマ。

旧神奈川県立図書館         神奈川県立音楽堂       神奈川県立青少年センター       旧神奈川婦人会館       前川國男ファンとしては、何時間あっても足りないくらいにホレボレできる建築群がある。。。       この敷地に立つとこの4棟が立ち並ぶという夢のような場所だ! 婦人会館の後方には、横浜ランドマークタワーも見える。     図書館は改修工事の準備で、音楽堂と文化センターは今も現役で使われている。。。     名建築はいつの時代にあっても美しい!   by一丁田      

2023.11.21

ピザの日

  11月20日はピザの日 ピザはイタリアの母の味 11月20日は「ピッツア・マルゲリータ」 の名前の由来となったイタリア王妃マルゲリータの誕生日。 19世紀にイタリアを統一したサヴォイ家の王妃マルゲリータは1889年にナポリを 訪れ、その記念に当時有名なピザ職人がナポリの有名料理であるピザを献上しました。 イタリアの国旗の色を模したこのピザを王妃は大変気に入り、これがピッツア・マルゲリータの 始まりとなりました。 王妃マルゲリータは、イタリアの母と呼ばれ、イタリア国民から今でも広く愛されています。 日本でも定番となった「ピッツア・マルゲリータ」 日本のピザ専門店、宅配店、冷凍食品売場やチルド売場でもマルゲリータは身近に見られるようになりました。 「熱々のピザをワインで・・・・」 晩秋を迎え、日に日にぬくもりを求める季節。 そんな気持ちを、光景を、写真に撮って見てはいかがですか。 あったか~い飲み物や握った手と手。 人との触れ合いから暖かい自然の光まで、「ぬくもり」にもたくさんの種類や想いが人の数だけありますね。 ぬくもり恋しい時期、みなさまが感じた「ぬくもり」の写真をご紹介ください。 お待ちしております♪ by・・・霜出

2023.11.20

TAGファミリー会、準備OKです。

  いよいよ来週、TAGファミリー会が行われます。   準備はOKです! 当日は季節の野菜などをトッピングに、生地をつくるところから始まります。 そして順番に石窯で焼き、できたてのピザを食べることができます。 TAGファミリーの皆さんとの交流はもちろん、 はじめての石窯で焼くピザづくり、楽しみです。 by.こはしぐち

2023.11.17

F社工場改修及び玄関エントランス増設工事 vol.4

F社様の改修及び玄関エントランスの増設工事 内部の改装工事に取り掛かりました。 木枠・ボード貼まで完了し、内部は仕上げ作業に入ります。 来週からはいよいよ外壁の塗装に入ります。 大脇

2023.11.16

サカサフジ。

静岡にある世界遺産センター。     富士山(逆さ富士)をモチーフにした鉄骨造の建物。   風がない日にはきれいに水面に映る 逆さ富士が見えるようですが   この日はみれず。。ざんねん   木の格子もすごくかっこいい!!     建物内もスロープでくるくるのぼっていくので   とても楽な山登りを体験できました。       静岡にいっても全く富士山を拝めることができなかったので   世界遺産センターに行けてよかったです。   ピーーーース✌ ながの。    

2023.11.13

北薩の秋コース。

季節外れの暑さが続いていますが、 辺りは段々と秋めいて、四季の移ろいを感じます。 今回は、北薩地域の秋を少し感じてきました! ~紫尾山登山(さつま町)~ 千尋の滝~山頂~東尾根の周回コースを登山しました。 自然の生命力を感じながらぐんぐん進んでいきます。 千尋の滝。水の量が少なくて残念!また行きます! 山頂付近や電波塔の建つ山頂は、すっかり秋になっていました! ~牛ノ浜景勝地(阿久根市)~ 11月になると、夕日が鳥居近くに沈む美しい光景を見ることができます! ~出水の武家屋敷群(出水市)~ 出水の武家屋敷では「いずみマチ・テラス」という竹灯籠の展示をやっていました! 普段と違う幻想的な武家屋敷はとても素敵でした…。 --- 今度は紅葉巡りかな! Sakou

2023.11.10

鎌倉の美術館。

  坂倉準三氏設計による「神奈川県立近代美術館」は数年前に耐震改修を経て     「鎌倉文華館鶴岡ミュージアム」として2019年に再オープンしました。     池の上にピロティによって浮かび上がる白いキューブがとっても印象的です!       中庭からテラスへ。。。     池に反射した光がゆらゆらと天井に写りこみ、なんともいえない空間です。     水盤と建築ってホント相性がいいですね!       そして中庭       大谷石とガラスの組み合わせで仕切られた中庭   飛び石は利用者の通路となるように配置されています。。。   この建物が鉄骨造であることを あえて意識させるようなH鋼の存在感。。。         階段もうつくしい。。。     1951年に竣工し、国の重要文化財となった名建築は、現代においても新鮮な建築としてその姿をみせてくれています。   by一丁田        

2023.11.8

大宰府天満宮 "仮殿"

福岡県太宰府市にあります、大宰府天満宮。 本殿は現在改修工事を行っており、現在は仮殿に参拝をします。 "仮殿"と言っても、かなり拘って作られていて驚きました。 藤本壮介建築設計事務所がデザイン・設計を手掛け、 屋根に植栽を設け、「浮かぶ森」をイメージされています。 3年しか表に出ない仮殿だからこそ、喜んで貰えるようなデザインをと作られたようです。 本殿はまだ見たことが無いのですが、このタイミングで行けたのはむしろ運が良かったなと思いました。 大脇

2023.11.2

Pickup News

お知らせ

6坪Gallery ホームページ

未来を創造していくエネルギーがたくさん詰まった場所です。

お知らせ

かごしま木造住宅コンテスト2023

最優秀賞である【知事賞】を受賞しました!

お知らせ

NICHIHA SIDING AWARD 2022

坂之上の家 「ニチハ賞」を受賞しました。

お知らせ

KMEW DESIGN AWARD2020

喜入の家Ⅲ 竹原賞を受賞しました。

お知らせ

pacbo

当社でRenovationした Cafe併設のサテライトOfficeが知覧町に誕生!

採用情報

中途採用スタート

これからの未来を共に描く仲間を求めています。

お知らせ

けんちく部log。

スタッフあれこれ更新中