News

けんちく部log。

Blog

2011.5.23

建物管理者のみなさま。

外壁のタイルやモルタルに経年による浮きが発生すると、はく落する恐れがあります。

そんな場合の改修工法の1つにアンカーピンニング部分エポキシ樹脂注入工法があります。

まずは、マーキングした部分にドリルで孔をあけます。

Dscf0754_2

エアーガンでシュッと孔のなかを清掃

Dscf0756_2

練り上げたエポキシ樹脂(固まる接着剤)を孔の中に注入します

この樹脂が 浮き のある隙間へほどよく充填されていきます

Dscf0764_2

そしてステンレスピン(全ネジきりタイプ)を孔へ挿入して、仕上げと構造躯体とをしっかりと固着させます

Dscf0763_2

あとは孔の表面処理をおこなって仕上げ工程へ移ります。

タイルなどで仕上られた部分は汚さぬように養生して樹脂垂れをふせぎます。

Dscf0760

足場のなかではこのような地道な手作業がえんえんと続いているのです。

建物管理者は第三者にたいして危険を及ぼさないように努める義務があります。

まずは簡単な調査からはじめられてみてはいかがでしょうか・・・

by 管理人。

おかげさまでランキング上位更新中!
こちらをクリック↓

Pickup News

お知らせ

6坪Gallery ホームページ

未来を創造していくエネルギーがたくさん詰まった場所です。

お知らせ

pacbo

当社でRenovationした Cafe併設のサテライトOfficeが知覧町に誕生!

お知らせ

NICHIHA SIDING AWARD 2022

坂之上の家 「ニチハ賞」を受賞しました。

採用情報

中途採用スタート

これからの未来を共に描く仲間を求めています。

お知らせ

KMEW DESIGN AWARD2020

喜入の家Ⅲ 竹原賞を受賞しました。

お知らせ

けんちく部log。

スタッフあれこれ更新中